日常のお買いものほとんどがカード払い

クレジットカードは便利でポイントが貯まり何より銀行にお金をおろしに行かなくて良いし
財布が小銭だらけになることもなくかなり重宝しています。
日常のお買い物からカード払いができるものはすべてクレジットカードで支払っています。
今までで一番高い支払いは結婚式代、その次にエステ、高級補正下着等です。
カードの上限が超えそうな金額の際は事前にカード会社に連絡を入れておけば大丈夫です。
支払いはすべて1回払い、一度も滞納したことがありません。
カード払いの際はカード会社のマイページでカード使用履歴が残せます。
今まで家計簿をつけたことがないので使用履歴を確認しながら毎月の固定費を試算できます。
近年では公共料金、生命保険、コンビニ等でもカードが利用できるためお買い物でカード払いができないお店では基本的に買い物しません。
またクレジットカードを持ってない方は 、カードローンを利用する方法もありますが利用前に注意が必要です、それは総量規制で借入希望額が借りれない場合もあるので詳しくは⇒総量規制

最近ネットショピングした物は天然石のブレスレットです

私は自分で石を仕入れてビーズなどと組み合わせてアクセサリーを作って、ネットで販売してきました。
そのアクセサリーを紹介するブログも書いています。
私が作るのはピアスが1番多いです。この季節は淡水真珠のピアスが人気です。卒園とか入学のシーズンだからでしょう。ブレスレットも作って販売していますが、私はゴムで通したブレスレットしか作っていません。ゴムって結構使っているうちに、伸びてきてしまうのです。
購読してるメールマガジンで、石屋さんをやっているサイトがあるのですが、そのサイトでは紐で組んだ可愛いブレスレットが安かったので買いました。紐で組んであるので伸びることもありません。
それにサイズ調節もできますし、好きな天然石が沢山使われていて、自分で作るよりも安いなと感じたのです。最近ネットショピングした物はその天然石のブレスレットです。
届くまで楽しみです。でも友人に聞かれたら自分で作ったとはいえないですね。

仕入れの資金にモビット審査に申し込みをしてその日の内にキャッシングまでできたモビットがとても便利でした。

モビット審査

生命保険の選び方

生命保険は生活の保障を得られるので、万が一に備えて加入しておくことが大切です。生命保険にはいろんな種類が存在します。期間が決まっている定期保険は、保険料が割安ですが、満期時には給付金がありません。一定期間における保障を得たいという人に有効です。

終身保険は一生涯保障が続くので、確実に給付金を得られます。保険料は割高ですが、貯蓄性を兼ね備えているので、途中で解約すれば解約返戻金をもらえます。

養老保険は保険期間中に万が一のことがあれば、給付金をもらえます。満期時に給付金をもらえるので、被保険者の生死に関わらず保険金をもらえます。将来における貯蓄として利用することができ、貯蓄性を備えた保険です。生命保険を選択する際には、貯蓄性をもっているか、あるいは保障のみを優先するかによって、選択がかわります。貯蓄性がなければ、その分保険料が安いので、別で貯蓄を考える余裕が生まれます。保障期間も選ぶ上で重要になります。

一定期間の保障にするのか、あるいは終身で保障をうけられるようにするのか選択します。生命保険は家族構成や生活スタイルによって内容が左右されます。

そのため、生活スタイルが大きく変化した時には生命保険の見直しが必要になってきます。終身の保険であれば途中で内容を変えるならば解約をすることになるので、変更のしにくさがあります。その点定期保険であれば、期間が限定されているので、満期時に保険の見直しができます。独身の時のように、将来大きく家族構成や生活が変化しそうな人は、定期保険に加入しておいたほうが良いです。

医療保険のように高齢となって持病があり、加入制限により加入がしづらくなる保険については、健康なうちから終身で加入しておくほうが安心です。生命保険に加入するには、現在の生活の状況や、将来における考えなども影響してきます。生命保険を選ぶことは重要ですが、保障内容を適切に選択することも重要なことです。必要保障額を見極めて選択します。

保険はいざと言う時に大切なものです、またお金もいざと言う時に利用ができたら便利ですね、キャッシングのご利用前にアコム口コミをご覧ください。

生命保険に入ろう

生命保険の営業のセミナーに言ったことがあります。

面白い話が聞けました。

「売る」立場から保険を見ていくのですが、不思議なことに保険に入ろうかなという気持ちになりました。

もちろんそういう目的も含んだセミナーだとは思います。

でも非常に自分の中ではためになるお話でした。

 

最もインパクトのあった話は

「保険の販売は砂漠で傘を売る商売だ」という話です。

 

たしかにそうなんです。

死に直面していない人、病気になっていない人に

「亡くなったらこうなります。」
「病気になったらこうなります。」

という商材を売る仕事ですからね。
でも逆の立場で考えても、砂漠でも傘を買うことをバカにはできないはずです。

2年前の震災で日本人は痛感したはず。

「何か起こってからじゃ遅い。
何もないときにこそ準備をしなければいけない」ということを。

自然災害や病気など突発的なトラブルは人生にはつきものです。

いくら健康に気をつけていても交通事故などいろいろなトラブルは世の中に転がっている。

そうなってしまったとき、自分はもちろん、家族などの人生にまで大きな影響を与えることは必須です。

健康なときに病気や死と向き合うことは難しいことですが、そうなったときの未来の家族と向き合えばおのずと保険の加入などは考えざるを得ません。

もちろん、お金の問題だけではありません。
精神的支柱を失うなど家族にしか分かりえない苦しみはあります。

それを埋める保証なんてありません。
それは代わりのきかないものだからです。

でも金銭的な苦しみについてはその権利さえあれば免れることができるんです。

それが生命保険の役割なんだと思います。

未来の家族の安心感を毎月の出費で買うということなんです。

 

とはいえ、決して安い買い物ではありません。

車や家を買うくらい、いやそれ以上の慎重さが必要かもしれない。

 

傘のようにデザインや機能性で簡単には選べない保険ですが、

晴れている今だからこそ真剣に選ぶための知識などを身につけるところから始めてみてはいかがでしょうか。

姓名保険は将来何がおこるかわかりませんの入っていると助かると思います、また急にお金が必要になった時も同じで銀行カードローンなどでお金お借りないといけなくなった時に、事前に審査などを知っとけば申し込みもスムーズにできます詳しくは⇒銀行カードローン審査

銀行カードローン 審査